イマーク最安値.com|お試し1000円で購入

イマークの最安値は公式サイト

イマーク最安値

特保のメリット・デメリット

DSC_0147.JPG

特保とは、「特定保健用食品」の略で、「トクホ」とカタカナで記載されている場合もあります。

この特保ですが、体の調子を整えるなどの効果が期待できるものに対し、消費者庁長官が認可した食品のみ、保健の効果を表示することのできます。

る食品です。使用することができます。

「有効性」、「安全性」、「品質」などが審査され、認められた食品にのみ表示が許されます。


例えば、以下のような表記があります。


1.お腹の調子を整える食品

関与成分としては、イソマルトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ビフィズス菌、乳酸菌等です。


2.血圧が高めの方に適する食品

関与成分としては、カゼインドデカペプチド、ラクトトリペプチド等です。


3.コレステロールが高めの方に適する食品

関与成分としては、キトサン、植物ステロール、大豆たんぱく質等です。


4.血糖値が気になる方に適する食品

関与成分としては、L-アラビノース、小麦アルブミン、豆鼓エキス等です


5.ミネラルの吸収を助ける食品

関与成分としては、クエン酸リンゴ酸カルシウム、カゼインホスホペプチド、ヘム鉄等です


6.食後の血中の中性脂肪を抑える食品

関与成分としては、ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物等です


7.虫歯の原因になりにくい食品

関与成分としては、マルチトール、茶ポリフェノール、還元パラチノース等です


8.歯の健康維持に役立つ食品

関与成分としては、カゼインホスホペプチド、キシリトール、マルチトール、還元パラチノース等です


9.体脂肪がつきにくい食品

関与成分としては、ジアシルグリセロール等です


10.骨の健康が気になる方に適する食品

関与成分としては、大豆イソフラボン、乳塩基性タンパク質等です


ニッスイのイマークは、この特保の表記が許された、特定保健用食品です。

「中性脂肪を低下させる作用のあるEPA(600mg)+DHA(260mg)」

見事に記載されています。

食品に対して、企業がこの食品は健康にプラスの成分が含まれているので、こんな効果がありますといった宣伝をして食品を販売することを、法律上禁止しています。

その宣伝を許されているのが「特定保健用食品」の認可が下りたものだけです。

企業が商品を売りたいために勝手に「効果あり!」なんて書かれると、信用性はゼロですし、どの商品においても、そんなうたい文句がついてしまいますよね。

「特保」はまさにお墨つきの食品。

しかも安全性も確認されています。

中性脂肪を低下させる作用のあるEPA(600mg)+DHA(260mg)が配合されている「イマークS」。

私は利用中です。


イマーク最安値

EPA、DHAとは?

DSC_0144.JPG

DHAとは、Docosa hexaenoic Acid ドコサヘキサエン酸の略で、体に必要な脂肪酸のことを言います。

体にとってとても重要なもので、人間の脳や目の網膜、心臓、胎盤や精子、母乳などに多く含まれています。

しかし、このDHAは体内で作ることができず、外部から摂取するしか方法がありません。


次に、EPAですが、Eicosa Pentaenoic Acid エイコサペンタエン酸の略で、こちらもDHA同様、体に必要な脂肪酸です。

主に牛や豚のから摂られる「飽和脂肪酸」、いわしなどの魚油から取られる「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

しかし、牛や豚のから摂られる「飽和脂肪酸」に関しては、いろいろな疾病との関連が疑われているため、いわしなどの魚油から取られる不飽和脂肪酸に注目が集まっています。

様々な効果が期待される注目の成分となっています。

その効果にはいったいどんなものがあるんでしょう?


動脈硬化の改善。

血液中の中性脂肪が多くなると、血管が詰まる恐れが生じます。

その詰まる原因の中性脂肪のほかに、血液中には血小板と言うものが存在します。

血管壁が損傷した時に、その傷口をふさぐという重要な役割を持つものですが、その血小板が必要以上の中性脂肪の影響で凝集し、血流をとめてしまう恐れもあります。

EPAは、この血小板の凝集を抑制する効果があます。

結果、心筋梗塞などの生命を脅かす病気の抑制にもつながります。


花粉やアトピーの改善。

EPAには、炎症やアレルギーを改善したり、軽減したりする効果が期待されています。

痛み、熱、腫れなどの症状が引き起こされる原因の「プロスタグランジン」、アレルギーなどを引き起こすと言われる「ロイトコリエン」といった物質を抑制する働きがあり、成人病予防などにおいても、とても期待がされています。


中性脂肪を減らす。

こちらが本題となりますが、EPAは、血液をサラサラにする効果を持っています。

特に、中性脂肪を減少する効果が強く、高脂血症や血栓症などの疾病予防に期待が持てます。

ニッスイは、グリーンランドに住むイヌイットの人たちが、アザラシの肉を主食にしているのに、動脈硬化や心筋梗塞になる人が少ないことに注目しました。

そこから研究を重ね、青魚のサラサラ成分、「EPA」がその健康の証であることをつきとめました。

アザラシは、このEPAを多く含む青魚をエサにしていることから、イヌイットの人たちは関節的にEPAを摂取していたことに気づいたわけです。

青魚を毎日毎日大量に摂取し続けることは難しい。

そこで開発されたのがニッスイが、開発したイマークです。

その効果を自分で試してみてはいかがでしょう?


イマーク最安値

中性脂肪、LDL、HDL、コレステロールとは?

2016-07-01 10.42.54.jpg

ニッスイのイマークは、血中中性脂肪を下げる効果がとても期待できる飲み物です。

おデブの元。

中性脂肪を落としたい。

中性脂肪のたまりすぎは、健康に害を及ぼす。

どうやら中性脂肪は溜めても一切徳のないものだということは分かりますが、この中性脂肪とは、いったいどういったものなんでしょう?


中性脂肪とは、3つの脂肪酸とグリセロールが結びついてできます。

別名を「トリグリセリド」ともいいます。


まず、このグリセロールと結びつく脂肪酸ですが、以下のようなものがあります。

1.飽和脂肪酸

摂取し過ぎるとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させる原因となります。


2.一価不飽和脂肪酸

HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減少させます。

3.多価不飽和脂肪酸

心疾患のリスクが軽減できると言われています。


4.トランス脂肪酸

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減少させる働きがあります。

心疾患のリスクを高める危険性があります。


この中性脂肪ですが、マイナスのイメージしかないような気がしますが、いざというときのためのエネルギーで、とても体にとって重要なエネルギーの補えとなっています。

健康診断の血液検査の項目には、「中性脂肪」「TG」の形で記載されています。

基準値は、50~149mg/dl。

150mg/dL以上の場合、脂質異常症(高トリグリセリド血症)と診断される可能性があります。

中性脂肪は、なくてはならない物。

しかし、多すぎてもいけないものです。

どうして、貯蓄しすぎてしまうのかを考えてみたいと思います。

こちらは、言わずと知れたことなので、サッっと説明します。

まずは、「食べ過ぎ」。

当然ですが、必要以上のエネルギーは中性脂肪として、肝臓などにしっかり蓄えられます。

脂肪分の多いもの、甘いものの摂り過ぎは、より過剰摂取の原因になりますから、気を付けましょう。

また、「アルコールの摂り過ぎ」も注意が必要です。

アルコールは、中性脂肪を分解する酵素の働きを低下させます。

そして、なんといっても「運動不足」。

運動をすることにより、中性脂肪がたまりにくい体になります。

逆に、運動をしないと、中性脂肪がたまりやすい体になります。

適度な運動は、必要と言えるでしょう。


LDLとHDLって何?

LDLは、悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

この2つは正反対の働きをしています。

名前を聞くだけで、どちらがいいもので、どちらが悪いものなのかがわかりそうですが、HDL(善玉コレステロール)は血管壁にたまったコレステロールを肝臓に運ぶ役割を果たすのに対し、LDL(悪玉コレステロール)は肝臓のコレステロールを体に運ぶ役割を果たします。

つまり、LDLコレステロールは体にコレステロールを運ぶ役割をしますから、血中のコレステロールが増え、動脈硬化などの原因を促進させてしまう要因になるわけです。


コレステロールってなに?


中性脂肪が、貯えられたエネルギーに対して、コレステロールは、細胞膜を作る原材料になります。

1日に必要とされる量は、 1,000mgから1,500mg程度といわれ、2/3を体内で、1/3を食べ物から摂取しています。

血中中性脂肪を下げるイマーク。

食事制限も厳しいですよね。

アルコールを一切飲まないのも無理。

運動はやる時間さえない。

そんな人に5秒ほどの飲む時間があれば、中性脂肪の増加を軽減してくれることは間違いありません。

一度お試しあれ!


イマーク最安値

イマークはどんな人に向いていますか?

2016-07-01 10.38.16.jpg

まず、イマークとは、どんな飲み物なんでしょう?

「中性脂肪」と聞いて、いいものと答える人はまりいないのではないでしょうか?

全くないと、それはそれで問題なんですが、あまりにも中性脂肪が多いというのは、様々な危険を体にもたらします。

イマークは、その中性脂肪のある、血中中性脂肪を一日1本飲むだけで、約20%も低下!?

外見が痩せているように見えても、中性脂肪が多い人は実はたくさんいるんです。


中性脂肪がもたらす危険とは?


中性脂肪とは、体を動かすためのエネルギー源となる脂肪です。

食事によって、貯えることができるものです。

日々の努力。

暴飲、暴食で貯えることができるんです。

食後にお菓子をパクパク食べていたりすると、自然と貯えすぎることができるんです。

気づくと、中性脂肪を貯えすぎて「ヤバイ」ことになっていますよね?

では、この中性脂肪。

どういった危険があるんでしょう?


中性脂肪の値は、自宅で図ることはできませんが、健康診断などでその数値は分かるのではないでしょうか?

おおよその目安としては、

・ 29以下 → 低中性脂肪血症

・ 30 ~ 149 → 正常

・ 150 ~ 299 → 軽度高中性脂肪血症

・ 300 ~ 749 → 中等度高中性脂肪血症

・ 750以上 → 高度高中性脂肪血症

となっています。

「わかってる!」

「それ以上言わなくても!」

これは私がかつて感じた気持ちです。

数値が高いままの状態で放っておくと、動脈硬化や脳卒中、心筋症など、命にかかわる病気になる可能性が高まるんです。

「知ってる!」

「それ以上言うな!」

これも私が以前思ったことです。


500mg/dl以上の人は禁酒です!

1000mg/dl以上の場合は危険性がとても高く、降下療法が必要!


なんですよ!

医者へ行けば、こうなります。


こんな人にイマークは最適!


イマークはこんな人に最適なんです。


ついついお酒を飲みすぎてしまう方。

ついついお酒を抜みすぎるというか、会社での付き合いもあるし、好きで飲んでいるわけではない方もいると思います。

もちろん、お酒が大好きな人もいるとおもいます。

そんなお酒を飲む機会が多い人!

お酒を飲む量が多い人!

そんな人は中性脂肪に気を付けましょう!


栄養が偏りがちな人。

自宅で食事を摂らず、外食が多い人。

会社での付き合いがあり、勤務後外で食事をよくする人など、自分の好きなものだけをついつい食べてしまう傾向にあります。

そんな場合、どうしても栄養が偏りがちです。

そんな方にも、イマークがいいんです。


日々仕事が忙しくて運動がなかなかできない人。

運動する時間がとれない!

私がよく言うセリフです。

運動しようと思っているけど、時間がないんです。

本当なんです。

言い訳!

そういわれることもありますが、本当に運動する時間がないんです。

この意見に同意してくれる人いますよね?

そんな私のように時間の取れない人にも最適です。

飲むのは、5秒程ですからね。


継続することが苦手な人!


よし!

明日から腹筋を毎日30回ずつやるぞ!

明日から毎日ウォーキングをするぞ!

毎週1回はジムへ通うぞ!

明日から食事制限だ!

決意はたくさんするけど、実行できない。

長続きしない。

そんな人にはいいと思います。

一日1本飲むだけですからね。


イマークを買うなら、まず公式サイトのお試しセットからですね。


イマーク最安値

イマークは楽天でもお試し可能ですか?

2016-07-01 10.38.05.jpg

血中中性脂肪を約20%低下!?

血中脂肪が気になる人にとって、イマークが理想のドリンクです。

そんなイマークを利用してみたくても、ちょっと効果を試すには値段が高すぎると思う人がいるのではないでしょうか?

通常価格は、

10本入りで3,000円(税抜)+ 送料500円(税抜)

20本入りで6,000円(税抜)+ 送料500円(税抜)

つまり、1本あたり、325円から350円ということになります。

薬局での販売はしていないため、ネットで最低10本は購入しなくてはなりません。


もし飲みづらかったらどうしよう?

もし効果が全くない物だったら、3,000円はもったいない!

そう思いますよね。


そこで、そんな方のために、ニッスイは、お試し10本セットを用意しています。

ただし初回購入者限定のみです。

しかし、価格は10本セットで1,000円(税別)!

しかも、送料は無料です。

詰まり、1本100円という願ってもない価格で購入ができるようになっています。


うれしい初回特典です。

でも、こういう特典を利用すると、もう一度このお試し価格で購入できないものだろうか?

と考えますよね。

他でも初回限定1,000円で購入できる場所。


薬局では販売していないため、ネット販売を探すことになります。

有名どころで、楽天、amazonですよね。

探してみてください。

あるんです。

初回限定10本セットが1,000円(税抜)!

しかも、楽天はニッスイの公式サイトと同じく、送料も無料です。

amazonの方も、送料無料と思いきや、関東への配送料に対しては無料ですね。

つまり他の地域の場合は、送料がかかるようです。

それでも安い初回限定のお試し10本セット。


まずは、ニッスイの公式サイトで10本。

そして、楽天で10本。

最後にamazonで10本購入です。

合計3,000円+関東以外の地域は送料です。

一本当たり、100円ちょっとですよね。

通常30本購入しようとすると、9,000円ですよね。

一本当たり、300円。

本当にお得です。

もう一度言っておきます。

1回目は、ニッスイ公式サイトで購入。

1本300円(税抜)+送料÷10のところ、100円(税抜)

2,000円+送料の得です。

2回目は、楽天で購入。

1本300円(税抜)+送料÷10のところ、また100円(税抜)

合計4,000円+送料×2回分の得です。

3回目は、amazonで購入。

1本300円(税抜)+送料÷10のところ、また100円(税抜)+関東以外は送料÷10。

合計6,000円+送料2回から3回(関東の人は)お得です。


血中中性脂肪を下げる努力を、自らの手で実行に移しましょう!


イマーク最安値

イマークを最安値で購入するにはドコで買う?

top.jpgイマークは正式名称「イマークS」という呼び名で、水産加工会社のニッスイが開発した、中性脂肪の低減作用を持つ特保ドリンクです。

なぜ、水産会社が中性脂肪低減なのか、っと不思議に思う方がいるかもしれませんが、その驚くべき関係性を順次説明していきますね。

イマークを最安値で購入するためには、答えはひとつ!
イマーク公式サイトにて、お試し購入を狙うことです。お試し購入では、たったの1,000円(10本入り)でイマークが飲めます。

ちなみに、お試しではない通常の販売価格ですと、10本入り換算の場合、300円です。なんと1本あたり300円の通常価格が、お試し価格だと1/3の100円/本になります!

イマークの最安値は、公式サイトのお試し購入だということが、一目瞭然でお分かり頂けると思います。

中性脂肪が高いと恐ろしいことに

0055.jpg中性脂肪とは、血中に有るコレステロールのことだと説明すれば、理解しやすいですよね。

この中性脂肪が高いと、様々な健康を阻害する要因となることが分かっています。

薬事法の関係で、詳しくはこの場で説明することが出来ませんが、血中に中性脂肪が沢山あるとどうなるか、ということです。

考えただけでも体に悪そうですよね。

本来は正しい食生活と、運動習慣で血中のコレステロールを管理すべきでしょう。
しかし、仕事の関係で時間がなく、外食が多くなる。運動習慣があまりない状態だと、人間の体がどうなるのか、色々な情報を取得すれば、誰でも分かりますよね。

多くの方は、会社または自治体の健康診断、人間ドッグなどで中性脂肪の数値が悪化し、ドクターから注意されているかもしれませんね。

中性脂肪を甘く見ていると、後で取り返しの付かないことになります。
「あの時、ちゃんとしておけば良かった。」

後からこのような言葉をつぶやいても、何の慰めにもなりません。今スグ、中性脂肪を低減させる習慣をスタートさせる必要があるでしょう。

そのためには、食事管理と運動習慣。今までやっていなかったあなたが、できるのでしょうか?

1日1本のイマークで中性脂肪20%ダウン!

maxresdefault.jpgイマークは、特保飲料です。特保とは商品の有効性・安全性などの科学的根拠を示し、国の審査に基に消費者庁の許可を受けた食品のことです。

つまり、国のお墨付き商品。

イマークは最低4週間継続飲み続けることで、血中中性脂肪が20%低減した、という効果が認められています。

そして、なぜ水産のニッスイがイマークを手がけているのか?
中性脂肪の低減には、青魚成分のEPA&DHAが不可欠。水産会社だからこそ、世界中からイワシを調達し、高品質高純度のEPAを抽出する技術を持っているから、イマークに活かされているようです。

魚に含まれているサラサラ成分って、私たちが勝手に思っている以上に、人体には大事な成分なのですね。
だからこそ、どのような形であれ、さらさら成分を摂取する必要があります。

この点、イマークは1日1本飲むだけ。しかも、ヨーグルト味で1本100mlと少量のドリンクです。

さらに、イマークは4.2秒に1本というスピードで売れまくっている人気商品。累計で1,200万本を突破しているというから、そのすごさが分かります。それだけ中性脂肪を下げたい、という方が多いのでしょう。

まずは10日間というお試し購入で、味や効果など、試してみると良いでしょう。もちろん、私も愛飲しています。そして、バランスの取れた食生活と、運動習慣もお忘れなく!


イマーク最安値