EPA、DHAとは?

EPA、DHAとは?

DSC_0144.JPG

DHAとは、Docosa hexaenoic Acid ドコサヘキサエン酸の略で、体に必要な脂肪酸のことを言います。

体にとってとても重要なもので、人間の脳や目の網膜、心臓、胎盤や精子、母乳などに多く含まれています。

しかし、このDHAは体内で作ることができず、外部から摂取するしか方法がありません。


次に、EPAですが、Eicosa Pentaenoic Acid エイコサペンタエン酸の略で、こちらもDHA同様、体に必要な脂肪酸です。

主に牛や豚のから摂られる「飽和脂肪酸」、いわしなどの魚油から取られる「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

しかし、牛や豚のから摂られる「飽和脂肪酸」に関しては、いろいろな疾病との関連が疑われているため、いわしなどの魚油から取られる不飽和脂肪酸に注目が集まっています。

様々な効果が期待される注目の成分となっています。

その効果にはいったいどんなものがあるんでしょう?


動脈硬化の改善。

血液中の中性脂肪が多くなると、血管が詰まる恐れが生じます。

その詰まる原因の中性脂肪のほかに、血液中には血小板と言うものが存在します。

血管壁が損傷した時に、その傷口をふさぐという重要な役割を持つものですが、その血小板が必要以上の中性脂肪の影響で凝集し、血流をとめてしまう恐れもあります。

EPAは、この血小板の凝集を抑制する効果があます。

結果、心筋梗塞などの生命を脅かす病気の抑制にもつながります。


花粉やアトピーの改善。

EPAには、炎症やアレルギーを改善したり、軽減したりする効果が期待されています。

痛み、熱、腫れなどの症状が引き起こされる原因の「プロスタグランジン」、アレルギーなどを引き起こすと言われる「ロイトコリエン」といった物質を抑制する働きがあり、成人病予防などにおいても、とても期待がされています。


中性脂肪を減らす。

こちらが本題となりますが、EPAは、血液をサラサラにする効果を持っています。

特に、中性脂肪を減少する効果が強く、高脂血症や血栓症などの疾病予防に期待が持てます。

ニッスイは、グリーンランドに住むイヌイットの人たちが、アザラシの肉を主食にしているのに、動脈硬化や心筋梗塞になる人が少ないことに注目しました。

そこから研究を重ね、青魚のサラサラ成分、「EPA」がその健康の証であることをつきとめました。

アザラシは、このEPAを多く含む青魚をエサにしていることから、イヌイットの人たちは関節的にEPAを摂取していたことに気づいたわけです。

青魚を毎日毎日大量に摂取し続けることは難しい。

そこで開発されたのがニッスイが、開発したイマークです。

その効果を自分で試してみてはいかがでしょう?


▼今ならお試し1,000円▼
イマーク最安値






タグ : ,

EPA、DHAとは?関連ページ

特保のメリット・デメリット
特保とは、「特定保健用食品」の略で、「トクホ」とカタカナで記載されている場合も...
EPA、DHAとは?
DHAとは、Docosa hexaenoic Acid ドコサヘキサエン酸の略...
中性脂肪、LDL、HDL、コレステロールとは?
ニッスイのイマークは、血中中性脂肪を下げる効果がとても期待できる飲み物です。 ...
イマークはどんな人に向いていますか?
まず、イマークとは、どんな飲み物なんでしょう? 「中性脂肪」と聞いて、いいもの...
イマークは楽天でもお試し可能ですか?
血中中性脂肪を約20%低下!? 血中脂肪が気になる人にとって、イマークが理想の...
イマークを最安値で購入するにはドコで買う?
イマークは正式名称「イマークS」という呼び名で、水産加工会社のニッスイが開発した...