特保のメリット・デメリット

特保のメリット・デメリット

DSC_0147.JPG

特保とは、「特定保健用食品」の略で、「トクホ」とカタカナで記載されている場合もあります。

この特保ですが、体の調子を整えるなどの効果が期待できるものに対し、消費者庁長官が認可した食品のみ、保健の効果を表示することのできます。

る食品です。使用することができます。

「有効性」、「安全性」、「品質」などが審査され、認められた食品にのみ表示が許されます。


例えば、以下のような表記があります。


1.お腹の調子を整える食品

関与成分としては、イソマルトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ビフィズス菌、乳酸菌等です。


2.血圧が高めの方に適する食品

関与成分としては、カゼインドデカペプチド、ラクトトリペプチド等です。


3.コレステロールが高めの方に適する食品

関与成分としては、キトサン、植物ステロール、大豆たんぱく質等です。


4.血糖値が気になる方に適する食品

関与成分としては、L-アラビノース、小麦アルブミン、豆鼓エキス等です


5.ミネラルの吸収を助ける食品

関与成分としては、クエン酸リンゴ酸カルシウム、カゼインホスホペプチド、ヘム鉄等です


6.食後の血中の中性脂肪を抑える食品

関与成分としては、ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物等です


7.虫歯の原因になりにくい食品

関与成分としては、マルチトール、茶ポリフェノール、還元パラチノース等です


8.歯の健康維持に役立つ食品

関与成分としては、カゼインホスホペプチド、キシリトール、マルチトール、還元パラチノース等です


9.体脂肪がつきにくい食品

関与成分としては、ジアシルグリセロール等です


10.骨の健康が気になる方に適する食品

関与成分としては、大豆イソフラボン、乳塩基性タンパク質等です


ニッスイのイマークは、この特保の表記が許された、特定保健用食品です。

「中性脂肪を低下させる作用のあるEPA(600mg)+DHA(260mg)」

見事に記載されています。

食品に対して、企業がこの食品は健康にプラスの成分が含まれているので、こんな効果がありますといった宣伝をして食品を販売することを、法律上禁止しています。

その宣伝を許されているのが「特定保健用食品」の認可が下りたものだけです。

企業が商品を売りたいために勝手に「効果あり!」なんて書かれると、信用性はゼロですし、どの商品においても、そんなうたい文句がついてしまいますよね。

「特保」はまさにお墨つきの食品。

しかも安全性も確認されています。

中性脂肪を低下させる作用のあるEPA(600mg)+DHA(260mg)が配合されている「イマークS」。

私は利用中です。


▼今ならお試し1,000円▼
イマーク最安値






特保のメリット・デメリット関連ページ

特保のメリット・デメリット
特保とは、「特定保健用食品」の略で、「トクホ」とカタカナで記載されている場合も...
EPA、DHAとは?
DHAとは、Docosa hexaenoic Acid ドコサヘキサエン酸の略...
中性脂肪、LDL、HDL、コレステロールとは?
ニッスイのイマークは、血中中性脂肪を下げる効果がとても期待できる飲み物です。 ...
イマークはどんな人に向いていますか?
まず、イマークとは、どんな飲み物なんでしょう? 「中性脂肪」と聞いて、いいもの...
イマークは楽天でもお試し可能ですか?
血中中性脂肪を約20%低下!? 血中脂肪が気になる人にとって、イマークが理想の...
イマークを最安値で購入するにはドコで買う?
イマークは正式名称「イマークS」という呼び名で、水産加工会社のニッスイが開発した...